写真が上手く撮れないほど活発なポメラニアン

実家住まいをしていた時期に飼っていた愛犬でしたが、いつも実家に帰る時にしか会えないので寂しいなと感じていました。

ポメラニアンで私が学生時代から飼い始めた愛犬で、ペット関連の仕事への憧れを強くしてくれた私にとって大切な愛犬です。

どちらかというと活発な性格のポメラニアンで、私が撮影した愛犬の写真はどれもブレブレでまともに写っているのが珍しいのですが、実家から離れるときにスマホで撮影した写真は珍しくよくぶれずに撮れていて待ち受けにしています。

けれどやっぱり愛犬のいない生活は物足りないなと思って、結婚を機に一軒家に引っ越すときにその愛犬も連れてくることにしました。

最近は老犬の仲間入りを果たして以前より動き回ることは少ないのですが、お気に入りのボールなどで遊んであげるとその時は年に似合わない動きを見せて、笑わせてくれます。

私が愛犬を連れてきてしまったから、今度は実家の両親や兄弟が寂しがっているようですが、私にとっても家族の一員のような存在なので、ちょっとそう言われると困ってしまいますが、でも実家に帰るときには愛犬も一緒に連れて行く約束をしています。

ただもともとポメラニアンとしては太り気味だったのですが、私が甘やかせてしまいメタボ犬に現在なりかけているので、実家に立ち寄ったら近くの公園で昔みたいに一緒に遊んであげないとなと考えています。

One thought on “写真が上手く撮れないほど活発なポメラニアン

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です